FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早23年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2018/08/24
 
愛執【36】完
2018/08/17
 
愛執【35】
2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2016.12.06

category: 【GW】小さなお題

『7』 10.知られざる過去

 とっさに指を引き抜いたのと、銃が奪い取られたのはほぼ同時だった。
 選択肢なく選ばされた結果に、ヒイロが行儀悪く舌打ちする。"
 手を離せば銃を奪われるのは承知だが…あのまま指を抜かなければ捻挫、悪くて骨折だろう。デュオがそこまでするつもりだったか読めないが、酷薄そうな表情からは悪い方を予想させた。
「いい反射神経だ」
 感心してるのか、馬鹿にしたのか。呟いたデュオが銃をテーブルの端に置いた。ヒイロから届かないぎりぎりの距離だが、デュオの態度から使うつもりはないと知れて、ヒイロは目を細める。
「……」
 一切何も言わないと口を閉ざすヒイロの頑なな態度に、デュオは肩を竦めて冷めたコーヒーに手を伸ばした。その隙に手を伸ばしたヒイロが銃を奪い、平然としている男の額に再び突きつける。
「弾、入ってないぜ」
「…もう騙されない」
 さきほどと同じ手に騙されるほど愚かではないと切り捨てたヒイロの前で、ヨーグルトを引き寄せたデュオがにやりと笑った。
「じゃあ、引いてみれば?」
 言われるまでもないと引き絞ったトリガー、かちんという軽い音。驚きに目を瞠るヒイロが確認したマガジンは空で、弾丸入りのマガジンをテーブルの上に置いた青年はヨーグルトを口に運んだ。
 わずかに感じた気配を振り返ったヒイロは、反射的に銃口をそちらに向ける。銃弾が入っていないことに舌打ちした彼の目に飛び込んだのは、デュオの部下の険しい表情だった。礼儀正しく笑顔で接する彼の、普段は見せない一面なのだろう。
「シフェル、下がれって言っただろ」
「…私の任務ですから」
 護衛も仕事のうちだと告げる彼に引き下がる様子はない。完全に銃を構えている姿から、少し前から彼がいたことを示していた。気配を殺して身を潜めていた彼は優秀なエージェントだという意味だ。
「用事は済んだ。ヒイロを送ってくから、クルマ用意して」
「「は(い)っ!?」」
 シフェルとヒイロが期せずしてハモる。何を驚いているのかと小首をかしげ、目の前の皿に盛られたフルーツを手に取る。ぱくりとイチゴを頬張ったデュオは、予想外の酸っぱさに「うっ」と声を漏らした。顔を顰めて酸味が強い果実を飲み込み、手を伸ばしたコーヒーで流し込む。そんな上司のカップへ新しいコーヒーを注ぎながら、シフェルは呆然とした様子で声をかけた。
「……送っていくのですか?」
「帰すの…か…?」
 二人の疑問に、デュオは笑い出した。
「だって帰らないと明日から困るだろ、ヒイロ。シフェルも…早く鍵をもってこいっての」
 部下に指示を出し、渡された鍵を手に立ち上がる。
「後始末しといてくれ」
「…はい」
 シフェルが一礼するのを横目に、デュオはヒイロを連れて車へ向かう。いつも通りのエスコートで助手席に座らせ、当たり前のように運転席に座った男を睨みつけた。
「どういうことだ」
「契約がらみだから、今は説明できない。そうだな…明日なら平気だし、仕事終わりに顔を出すよ」
 どこへとは言わないが、想像できる先はプリベンターが入っているビルの玄関だろう。そこより先は身分証やIDによるチェックが厳しく、彼であっても入り込むのは不可能だ。
「……嘘をつくなよ」
 低い声で念を押されたデュオは、ゆっくりと車を駅前に停める。丁寧な運転で連れてこられたのは、ヒイロが普段使う駅のロータリーだった。デュオのマンションから乗ったオープンカーではなく、紺色のセダンは乗り心地がよく振動や音をほとんど感じさせない。デュオの立場は「裏社会に属している」ことと「かなり立場が上らしい」ぐらいの事実しかわからないが、かなり潤沢に資金を使えるのだろう。
「嘘は吐かないさ。明日またな」
 いつも通りの軽い口調でデュオが告げるから、ヒイロはため息を吐いて車から降りた。手を振って見送る彼の車のナンバーを無駄だろうと思いながらも暗記してしまうのは、もう職業病だ。しっかり脳裏に番号を刻み、訪れたマンションや別荘の位置も同様に記憶に残していく。これだけ手がかりがあれば大丈夫と、ヒイロは踵を返した。

「……っ」
 いくら探してもマンションや別荘からデュオの手がかりが見つからない。別人名義だろうとは予想したが、まさかここまでデュオの正体に関する手がかりが掴めないとは思わなかった。彼の言う『後始末』という単語の意味がようやくわかる。
 苛立つヒイロの様子に、五飛とトロワは顔を見合わせる。昨日は突然「休みたい」と連絡があり、何があったのかと驚いた。不機嫌そうに顔を見せた今日は、朝からなにやら調べ物をし続けて画面を睨みつけている。その必死さに声をかけるタイミングがつかめなくて、ふたりは首を傾げるばかりだった。
 あの正体がつかめない男の知られざる過去を暴きたくて必死なヒイロは、気付けば仕事もしないまま、一日をデュオに関する検索と調査で過ごしていた。
「ヒイロ…レディが呼んでいる」
 トロワの声に我に返り、今日一日の自分の行動に自己嫌悪が過ぎる。だがすぐに「こんな思いをするのは、あいつが悪い」とため息を吐いた。
「わかった、今いく」
 PC端末の電源を落として立ち上がるヒイロは、同僚とともに上司であるレディの部屋に向かった。
 ノックをしてドアを開けば、正面に立派な机がある。彼女の執務室であるこの部屋は左側に応接セットが置かれ、右側は一面の本棚になっていた。執務机で待っていた上司の前に近づきかけ、反射的に右側を振り向く。反応したのはヒイロだけでなく、五飛やトロワもほぼ同時だった。
「……、デュ…オっ!?」
 居るはずのない人間の名前が唇から零れ落ちる。
 驚いたヒイロの蒼い瞳に映るのは―――三つ編みを背に揺らす、デュオ・マックスウェル。漆黒のシャツと藍色のパンツ姿の彼は、にっこり笑ってヒイロに手を振った。その姿は、昨日駅前で別れたときを変わらない。
「……知り合いか?」
 レディの問いかけに頷くことしか出来ないヒイロをよそに、彼女は手元の資料を示して意外な発言をした。
「それは良かった。プリベンターは今後、彼らと手を組む」
 何度もオファーしていたが、ようやく昨夜コンタクトが取れて…あっさりと契約できた。彼女のそんな説明も耳を流れるようで、まったく頭に入ってこない。示された書類を確認した五飛とトロワが、ヒイロに手渡したのは……プリベンターと『裏社会トップのスイーパー・グループ』との契約書の控えだった。
「彼らの持つ情報網と機動力は脅威だ。手を組むのは正しい選択だ」
 五飛の納得したような言葉に、ようやくヒイロは口を開いた。
「…それが…目的か?」
 プリベンターの人間なら誰でもよかった、好みだったからヒイロを選んだ、そして…連れ出した先でいろいろと彼なりの調査をしたのだろう。その結果、プリベンターと手を組む選択をした。つまり…ヒイロはプリベンターの実力や内情を調査するサンプルだったということ。
「まあ、それもあるけど…昨日も言っただろ? オレはヒイロが気に入ったんだ」
 近づいた彼が契約書の控えの一行を指差す。そこに書かれていたのは『トップ・エージェントであるデュオ・マックスウェルはふたつの組織の指揮権を有する。相棒はヒイロ・ユイとする』の文字だ。気に入ったという言葉に嘘はないらしい。
「………」
 無言で睨むヒイロに満面の笑みを向け、デュオは「これからよろしく」と手を差し出した。

                                  The END or....



 というわけで長くなり、昨日から2日かかって書きました。ここから二人の関係がどうなるのか…。最終的に恋人同士になって欲しいけど、時間かかりそうだな…嘘はつかないけどギリギリの誤魔化しは得意なデュオ相手ですから。翻弄されるヒイロさんを書けて楽しかったです♪ 
 

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.