FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早20年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2011.09.23

category: 【BSR】短編&企画

リレー小説4-1(2)

"
 廊下を進んで、昇降口がある右ではなく左へ曲がった。
 専門教室が並ぶ3号棟を進んで、一番奥の教室をノックもせずに開ける。日本史の準備教室、テスト期間中の放課後に立ち寄る場所ではなかった。だが・・・中で待っていた人物は少し頬を崩して「政宗様・・」そう柔らかに名を呼ぶ。
 薄暗い部屋はカーテンが引かれていた。空調の風に、小さな観葉植物の葉が揺れる。
 この男が自分を拒む筈がないと本能で知っている。だからこその無礼な振る舞いすら愛おしい、と目を細める男の前に立って顔を近づけた。言葉もなく目を伏せる。手が触れるより先、唇に触れた柔らかさにふっと全身が軽くなった。
 次いで頬に手が触れる。昔のように大きくて、土を弄るせいで荒れた肌が心地よかった。
 触れるだけの接吻けを終えて目を開けば、大型犬のような優しい眼差しが待っている。擽ったい気持ちで小さく息を吐いた。
 触れて感じて軽くなった身体で・・・この状況に緊張していた自分を知る。
「・・・政宗様・・敵が絞り込めました」
 耳元で吐息を吹きかけるようにして告げられた言葉を噛み砕き、ゆっくり嚥下する。政宗自身が囮となった作戦は、どうやら「成功」とENDマークをつけられそうだ。
「・・・・Ha! 教師だろ?」
 生徒ではないと思う根拠は?と尋ねられたら何もない。それでも政宗のこういった勘がよく当たることを知る小十郎は、苦笑い交じりに口を開いた。
「主犯は政宗様の仰る通り、教師です。手伝わされていた者がおりまして、それが生徒でした」
「ふーん、それで俺の単独写真が多かったのか」
 一を聞いて十を知る―――懐かしい感覚が蘇る。小十郎の表情から悟った政宗が唇を軽く舐めた。三日月に歪めた唇が再び言葉をを紡ぐ。
「…で、主犯は?」
尋ねながら、首に手を回した。抱き着く形で頬をすり寄せれば、傷痕が肌を撫でる。昔と同じ位置の傷が心地よくて、猫のように目を細めて手を這わせた。
「松永・・です」
「はぁ? またアイツかよ・・」
 過去の因縁を思い出し、大きく溜め息を吐いた。戦国の頃と比べて姿形は変わっているが、男の中身はなんら変わっていないらしい。記憶がないと思い放置したが、もしかしたら憶えているのかも知れないと眉を顰めた。
「どうしますか? 直接対決するには生徒の方を押さえないと・・」
「All right! そっちは俺に任せろ。慶次や元親が調べてるぜ」
 うまく回りそうだ。
 嬉しそうに肩を震わせて笑う政宗の脳裏には、すでに松永を追い詰めた姿が浮かんでいるのだろう。簡単ではないが、不可能でもない想像に自然と笑みが浮かんだ。楽しそうな政宗を小十郎の腕が抱き締める。
 小首を傾げて「どうした?」と尋ねる仕草に、小十郎の唇が額や頬に降り注いだ。擽ったそうに隻眼を細めた恋人の唇を掠めて奪う。
「…小十郎?」
不安なのか? 尋ねる意図で名を口にする。首を横に振って否定した小十郎が「お静かに」と唇に指を当てて仕草で示した。動きを止めた政宗がゆっくり隻眼を伏せる。
 暗闇に意識を澄ませた途端、かすかな物音に気づいた。一度感じてしまえば、なぜ見落としたのか不思議なほどだ。こちらを探るような気配と視線に、政宗が「左」と小さく唇を動かした。
 まだ唇に押し当てていた指先から言葉を感じたのか。小十郎が小さく頷く。
 ちらりと視線を動かし・・・・意味ありげに唇を寄せ合う。
「・・・・・っ」
 直前で互いに同じ方向へ走り出した。準備教室のドアが細く開いており、勢い良く開いた音がバンッと廊下に響き渡る。開いていた隙間に手を入れた小十郎が、恫喝する低さで一喝した。
「動くなっ!」
 生徒の手からカメラを取り上げた政宗が、軽く肩を竦めて溜め息を吐いた。
「ったく・・これじゃ、慶次と元親は無駄になっちまうぜ」
 残念だといわんばかりの口調でぼやき、手にしたデジカメの全データを消去していく。使用メモリが0になったのを確認して、用済みのカメラを生徒へ返してやった。
「アンタ、誰に頼まれた?」
主犯の名を口にさせる為に尋ねるが、生徒はびくりと肩を震わせて上目遣いに小十郎を見やる。どうやら、先ほどの恫喝が効きすぎたらしい。
苦笑いする政宗を制し、小十郎が教師の口調で諭し始めた。
「君の行為はストーカーという犯罪だ。もし伊達が被害届を出したら、前科がつく。君は成績優秀な子だし、将来を棒に振ることはない。今なら大目に見てやれる…誰に頼まれたのか言いなさい」
おずおずと彼が口を開く。
「…松永先生、です」
「そうか、よく話してくれた。伊達には警察沙汰にしないように頼んでおく。今回の件は不問にするが、一切他言無用だ」
意味はわかるな?と肩に手を置いて脅しに近い確認をとれば、生徒は大きく頷いた。帰ってよしの一言で、慌てて廊下を走り去る。
「捕まえとかなくていいのか?」
「ええ、彼の名前もわかっていますし…松永に利用されただけでしょう」
納得したような、しないような。政宗の複雑そうな表情に手を伸ばす。黒髪をくしゃりと撫で、帰宅を進言した。
「帰りましょうか、政宗様」
 目の前の手を見つめ、少し困ったように笑った政宗が頷いて手を重ねる。

 数日後
「政宗、聞いたか?」
「何を?」
 ニュースだぜ。と飛び込んできた元親がにやりと笑う。
「松永の奴、別の学校へ転勤だとさ。年度末ならともかく・・・おかしいだろ? 何やらかしたのやら」
 以前から目をつけられて、服装やら髪型に文句をつけられていた元親は嬉しさを隠そうとしない。そんな友人の頭をぽんと小突き、政宗はきつい印象の隻眼を和らげた。
「とっくに知ってるぜ。お前の情報古いな」
 昨夜、小十郎が教えてくれた。どんな手を使ったのか、決して教えてくれないが・・・。元は戦国一の軍師だった小十郎だ。きっと逃げ道を塞ぐ形で周囲を固めて、包囲網へ松永を追い込んだのだろう。
 すぐには立ち直れないくらい、えげつない方法を使ったことは想像できる。
「嘘だろ? 俺が一番だと思ったのに!」
 誰から聞いた? 尋ねる元親にひらひら手を振って、窓から吹き込んだ風に目を伏せる。穏やかな日差しが心地よく、自然と表情が笑み崩れた。ばたばたと足音をさせて飛び込んだ慶次が「大事件だ。松永が・・」と叫ぶ。
 しかし・・・「すでに知ってるってよ」元親に出鼻を挫かれ、深い息を吐いた慶次は床に座り込んだ。
「なんだよ・・折角のニュースなのに」
 似たようなボヤキを口にして、額の汗を拭う慶次に「悪かったな」と心にもない社交辞令を向ける。
「くそっ! 次は絶対にお前より早く情報を掴んでやる!」
 自他共に認める情報通2人の決意に、苦笑いしてかばんを手にした。
「帰るのか?」
「ああ・・・カラオケでも行くか」
「付き合うぜ」
 元親が、視線で慶次へ伺いを立てれば「・・・今日は女の子と約束ないし、付き合う」と予想外の返事があった。
「なんだ? 振られたのか?」
「違うって!」
 ぎゃいぎゃい騒ぎながら廊下を歩けば、向かいから歩いてくる小十郎に気づく。
「気をつけて帰れよ」
 ぽんと頭を軽く叩くような仕草ですれ違う小十郎に「bye!」とそっけない答えを返し、政宗は口元を三日月に歪めた。
 あとで問い詰めてやる・・・。
「どこの店に行く?」
「俺、腹減った」
 好き勝手いう気の置けない友人達と歩く。そこに向けられるレンズがないだけで、日常は以前より輝いている気がした。

「なぁ・・教えろって」
「駄目です」
 松永失脚の事情を知りたい元主と、絶対に政宗にだけは知られたくない元部下の攻防を知るのは・・・・深夜の部屋に差し込む月光だけかも知れない。



 リレーの日付を2ヶ月近く引っ張ってしまい、本当に申し訳ないです。任された事件の解決はなんとか・・・なったかな?という微妙さが申し訳ない(´・ω・`)しょぼ… みなさまの作品がすばらしいので、リレーを楽しんでくださいませ♪

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.