FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早23年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2018/12/03
 
かごの檻【10】
2018/11/30
 
かごの檻【9】
2018/08/24
 
愛執【36】完
2018/08/17
 
愛執【35】
2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2010.05.01

category: 【GW】長編

神に歪められた、罪なき堕天使の囁き1 【5】

 銃口をセットし錠を撃ち抜く。
「デュオッ!」
 咎めるヒイロの怒声にさえ、デュオは笑みを浮べて俯いただけだった。すぐに顔を上げたデュオだが、その表情は廊下からの光で陰になって見えない。"
 ヒイロは怯える自分を感じていた。今まで、自爆の瞬間すら怖いと思ったことはない。それどころか、怯えると言う感情を知る必要もなかったのだ。だが今、この体を支配している感情は「恐怖」と「脅え」。似て非なる2つの感情に、ヒイロは思わず後退った。
 撃ち抜いたドアに寄りかかった姿勢で、デュオはそんなヒイロを見ている。
 なんだか可笑しかった。
 あの、何にも動じなかったヒイロが、オレの一挙一動に脅えているらしい・・・。それはデュオに思わぬ快感を覚えさせた。デュオを支配している狂気に似た感情は、”ヒイロを手に入れろ!”と叫びながら、その裏で野蛮な快楽を求めているのだ。凶暴な欲望に突き動かされるまま、デュオは押し殺すことも忘れた心に従った。
 獲物を捕らえた猫のような目で、口元に笑みを浮かんだデュオ・・・いや、すでにヒイロの知る「デュオ・マックスウェル」ではなくなった男が、ヒイロへ手を差し出す。
「・・・来いよ、ヒイロ」
 低い声は、いつもより危険だった。
 死神、とデュオが呼ばれる理由がやっと理解できる。1年前からヒイロは、自分の方がデュオより勝っていると確信していた。確信は事実で、ハッキングと銃撃戦やナイフの腕は互角。それ以外のすべてにおいて、エージェント能力はヒイロの方が上だった。
 あdから、デュオが「死神」とあだ名される理由が、どうしてもわからなかった。人を殺す能力も技術も俺が上なのに、何故奴だけがそう呼ばれるのか。
 このデュオを知っていたら、ヒイロは疑問にすら思わず納得していただろう。
 人の血を流すことを罪悪と感じない。それどころか、好んで血を浴びる男なのだ。人殺しと罵られることすらこの男には勲章に取って代わり、少しも傷つく心を持たない。
 まさしく、戦いの為だけに生まれた子供なのだ。他人に受け入れられやすい容姿さえ、人殺しの為に必要な道具だと言い張り、子供の姿と人懐っこい笑顔で引き金を引く。
 他人の命を弄び、残酷に奪い去る―――それが彼には頭利前の日常で、躊躇う必要さえない現実。
 何故、今日まで気づかずにいられたのだ? 俺のすべてを脅かしかねない、この危険な存在を見過ごしていた?! いや・・奴の隠蔽が巧妙だっただけか。
 ヒイロはさらに後退り、ベッドに阻まれる。それ以上は下がれない部屋の奥へと身を滑らせて行った。
「ヒイロ・・・どうしたんだ? こっちに来いよ」
 繰り返される誘いは、きっと乗ったら二度と開放されない。確信にヒイロは身の危険を感じて、さらにデュオから離れようとする。
 彼の言葉を否定する、過去に簡単に出来た所作が、今は怖くて実行に移せなかった。
 ヒイロの様子に焦れたデュオが動く。妙にしなやかな体の動きは、ヒイロにとって恐ろしいだけだった。
 ―――気づかせなかったデュオの実力は、いまやヒイロを凌駕しているらしい。欧米系のデュオのがっちりした逞しい体格はヒイロを押さえ込むなど容易いし、何より・・生まれついての死神相手に人工的に造られた殺戮機械であるヒイロがどうやって太刀打ちできるというのか。
 自分でも初めての体験になるパニックの中で、ヒイロは必死で逃げ道を探していた。だが、部屋の奥へ奥へと逃げているヒイロの背後には、3階に位置する窓があるだけだ。
「ほら、危ないだろ? こっとへ来いって」
 言い放ったデュオが距離を詰める。
「・・・い、いやだっ! 来るなッ!!」
 ヒイロらしくない叫びに似た拒絶に、デュオはうっそりと浮べた笑みをさらに深いものにした。
「・・・どうした、オレが怖いのか? らしくないだろ、ヒイロ。何もしやしねぇよ・・・」
 おまえが大人しくしていれば、な。
 唇の動きで、声にならなかった言葉がヒイロに届く。いや、ヒイロが読唇術をマスターしていると知っていて、わざとデュオは声にせず伝えたのだ。手に入りかけた獲物を脅えさせる為だけに・・・・。
「来い」
 端的に伝えられる用件は、デュオの現在の望みなのだろうか。ヒイロがそれに従うことで、何が変わりどうなるのだろう・・・。
 デュオが付き纏い、ヒイロがそれを拒絶する。今日の昼間での彼ら2人の立ち位置だった。ヒイロが上位に立つ関係は、いまや完全に逆転してしまった。
 ヒイロを脅えさせるほどに気配を変えたデュオと、その危険な状態から逃げるヒイロなど、誰が想像できる関係だろうか。だんだんとヒイロまでの距離をつめながら、デュオは再び手を差し出す。
「ヒイロ、これが最後だ。こっちに来い」
 目を眇めたデュオの表情がやっと見える。逆光であることに変わりないが、それでも近付いた距離のお陰で闇に慣れたヒイロの目に、楽しげに歪んだデュオの笑みが焼きついた。
 首を振って必死で拒絶する。そんなヒイロの些細な抵抗を、彼は気にした様子もない。
 ぐいっとヒイロの手首を掴んで自分の胸に引っ張り込んだ。腕の力でヒイロを抱き寄せ、怯えからの震えが止まらない細い体を閉じ込めた。
「・・・いっ」
 脅えたヒイロの喉がひくりと動き、悲鳴に似た声を絞り出す。それにすらデュオは嬉しそうに、ヒイロの体を強く引き寄せた。
「おまえが悪いんだぜ・・オレを拒むから。だがもう待てない。欲しいもんはどうしたって手に入れるのが、オレの主義だ・・」
 耳元で囁かれた内容は、ただの口説き文句だった。ただ・・そこに秘められた決意と狂気が、ヒイロをパニックへと追い込むのだ。
「離せ・・・!」
 震える声で、それでも拒絶を顕にする。たったこれだけのことで、ヒイロはありったけの勇気を振り絞った。今のデュオと2人でいるくらいなら、1年前の激戦の赤に戻った方がよほどらくだとさえ思う。あの引き裂かれる思いや自爆の激痛さえ、今の状況よりマシだったと唇を噛んだ。
「ヒイロ、何をそんなに脅えるんだ。オレはおまえが好きなだけだぜ? 酷いことなんてしない・・」
 嘘に塗れた告白・・・。いや、きっとデュオには真実を含んだ告白なのだろうが、ヒイロに真実は欠片ほども伝わらない。首筋を擽るデュオの呼吸と、震えるヒイロの肩が、互いに感じる想いの温度差を明確に表現していた。
「好きだ、ヒイロ」
 うっとりと囁かれる告白の怖さに、ヒイロは目を閉じた。
 どうしようもないほどの恐怖。
 肌に伝わる温もりでさえ、今は恐ろしくてしかたない。デュオの次の言動が予想できなくて、ヒイロはただ待つしかなかった。
「二度とオレを拒絶しないでくれ・・・」
 懇願する響きが、傲慢な笑みに裏切られる。
「愛してる・・ヒイロだけを」
 一思いに殺された方がマシだ。
 ヒイロは心の中でそう呟き、次の瞬間意識を手放した。慣れない恐怖と云う感情に、飽和状態の精神がとうとう根を上げたのだ。
 腕の中、青ざめた表情で崩れ落ちるヒイロを抱きとめ、デュオはそっと唇を合わせる接吻をした。そのときの苦しげな表情は―――最後の、デュオのヒイロへの罪悪感だろうか。

                                          To Be Continued....




 

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.