FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早23年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2019/07/02
 
かごの檻【24】
2019/06/28
 
かごの檻【23】
2019/06/24
 
かごの檻【22】
2019/04/25
 
かごの檻【21】
2019/04/23
 
かごの檻【20】
2019/04/04
 
かごの檻【19】
2019/03/07
 
かごの檻【18】
2019/02/23
 
かごの檻【17】
2019/01/29
 
かごの檻【16】
2019/01/16
 
かごの檻【15】
2019/01/12
 
かごの檻【14】
2019/01/01
 
年末年始【3】
2018/12/31
 
年末年始【2】
 
年末年始【1】
2018/12/30
 
かごの檻【13】
2018/12/24
 
2018クリスマス
 
かごの檻【12】
2018/12/23
 
かごの檻【11】
2018/12/03
 
かごの檻【10】
2018/11/30
 
かごの檻【9】
2018/08/24
 
愛執【36】完
2018/08/17
 
愛執【35】
2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2006.04.12

category: 【GW】長編

死神が下す、最後の審判 【3】

                         ◆◇◆

 白いシーツと白いカバー。白い壁、白い・・・。
 病院の一室で、ヒイロはデュオが目覚めるのを待っていた。周囲は白一色で、それは病院なら当然のことなのに、ヒイロは違和感を覚える。"
 原因はわかっていた。
 あのバスルームの赤と正反対の色だからだ。
 デュオの命の赤と、この清潔で独特な白が相反する色だから、落ち着かない。黒などよりよほど印象的な赤は、あまりにも鮮やか過ぎて怖かった。
 流れていく命の色は、見慣れているはずなのに・・・初めて怖いと思った。それが正常な人間の反応だといわれれば、確かにそうなのだろう。
 本当は、病室と言えども白一色ではないし、コードがグレーだったり、点滴の液体の薄い黄色が見えたりする。だが・・・全体のイメージが、白なのだ。
 病的な白・・・そう表現するには、場所が相応しすぎる。それでも病室と示されれば、誰もが白を連想する程に独特な色だった。
 新たな生命が生まれ、また死んでいく場所・・・ここはあまりにも純白が似合い過ぎる・・・寒い程に。
 血の色に慣れた人間には、不吉ささえ感じさせてしまう―――すべてを奪い、染め直す白。
 バスルームが真っ赤に見えたのと同じ、本人のイメージの持ちようなのだろう。
 分かっていても、あまりに対照的すぎる二色は、ヒイロの胸中をかき乱した。
「・・ん」
 吐息に混じった微かな呻きに、ヒイロは意識をベッドの上のデュオへと向けた。寄せられた眉が動き、ついで溜め息に似た深い息が吐き出される。
「デュオ・・」
 控えめに呼ぶと、うっすらと目が開いた。独特な青紫の瞳には、いつもの彼のような強い光は見えなかったが・・・それでもヒイロはほっと安堵の息をつく。
 医者には大丈夫だといわれても、やはり不安は尽きなかった。デュオが目覚めるまで、本当に安心はできないと思っていたから、やっと肩から力を抜ける。
 白い天井に、デュオは視線を彷徨わせた。定まらない視点に苛ついたように眉を顰め、いったん目を閉じ、再びゆっくりと開く。
 大きく深呼吸して、徐にヒイロの方へと視線を向けた。判断力が回復していないのか、怪訝そうな表情で見つめ、すぐに吐息交じりに唇を動かす。
「・・・ヒ、イロ?」
 掠れた声は、小さくヒイロの名を白い室内に響かせる。問いかける声が頼りなくて、ヒイロは苛立ちさえ感じた。さっきまでは、そんな感情などなかった筈なのに・・・。
 デュオが弱いと判断したのは、自分なのだ。それでも弱さが許せないなんて・・・いつから自分はこんなに心が狭くなったのか。
「じっとしていろ」
 怒気を含ませたヒイロの声にデュオは小首を傾げ、それから自分の右腕の痛みに、ようやくここに至った経緯を思い出したようだった。
「そっか・・・オレ・・」
 やがて死に損ねた己を自嘲する笑みが、デュオの口元に浮かぶ。くくっと喉の奥で笑い、傷口のある右手を目線まで持ち上げた。
 包帯に包まれた傷口は、当然デュオには見えない。
 あの赤い血の色さえ、デュオは覚えていないかも知れない―――言い知れない感情がヒイロに広がった。
「・・・・オレを助けたの、ヒイロか?」
 確信している問いに、頷くだけでヒイロは答えを返す。言葉は出せない、感情が揺れていて・・・自分でもどうしようもないのだ。酷い言葉を投げつけてしまいそうで、黙って頷くだけに止める。
 憮然としたヒイロの表情に、デュオは真っ直ぐ見つめていた視線を逸らしてしまった。
「ほっといてくれた方が良かったのに・・」
 ほとんど聞き取れない言葉は、けれど唇の動きからヒイロに伝わる。辛い一言にヒイロは目を見開き、すぐに唇を噛んだ。
 助けられた事実を、デュオは良かったとは感じていない。それどころか、そのまま死にたかったと。
 それはヒイロにも憶えのある感情だった。以前、ノベンタ元帥たちをシャトルごと爆破した後に感じた悔しさと息苦しさだ。生き残った事を呪い、助けたデュオやカトルを恨んだ。
 自爆したときの後味の悪さより、このときの感情のほうが強く印象に残っている。今のデュオの感情はそれに近いものだろう。
「・・・死にたいのか?」
 反射的にヒイロは口を開いていた。素朴な疑問は、気づいたら言葉になってしまっている。その後に続くのは、怒りに任せたナイフに似た鋭い糾弾だった。
「死にたいと願うくらいなら、どうしてオレと暮らそうなんて言ったんだ! 人間として不完全な俺なら、お前が死んでも悲しまないとでも思ったのか? そんなに死にたいなら、邪魔が入らないように一人で死ねば良かったんだ!!」
「・・・・っ」
 傷つけるだけの言葉に、デュオは驚きに見開いた目を、すぐに悔しそうに歪めた。ヒイロの口から出た言葉のすべては、まさにその通りだった。
 死にたければ、ヒイロと一緒に暮らさなければ良かったのだ。これでは、傷つける為に同居したみたいだ。自分から誘っておいて、今更置き去りに死のうとするのは、とても卑怯な事だった。
 自分一人ならば、誰にも迷惑を掛けない。助けられることもなく、一度で死ねただろうに・・・。
 ヒイロは怒りに紅潮した顔で、椅子から立ち上がり、じっとデュオを見下ろす。
「・・ごめん」
 デュオは決して視線を合わそうとはせずに謝った。その謝罪は、自殺しようとしたことに対してなのか。それともヒイロの心を傷つけた事へのものなのか。
 判断はつかなかったが、ヒイロは何も言わずにその謝罪を受けた。
 反省はしていないだろう。自殺しようとした事は、きっと後悔の対象にはなっていない筈だ。
 今のデュオの中で、謝罪は特殊な意味を持たない。眇めた目で睨み、ヒイロはデュオの次の言葉を待った。
 どうにも鋭い視線に、デュオは何かを言おうとして・・・言葉が出てこない。あんなに言葉巧みな自分が、今は言い訳のひとつも思いつけなかった。
 しかし・・・ドアのノックの音が、2人の間の居心地悪い沈黙を破る。
 多分カトルだろう、と見当をつけたヒイロは、特に返事もせずに声がかかるのを待った。
 実際、そのノックの直後、ゆっくりと静かにドアは開く。続いて金髪が覗き、零れそうに大きな目が特徴のカトルが入ってきた。
 L4コロニーから仕事を放り出して駆けつけてきた彼の行動力には、さすがのヒイロも驚いたが、カトルの性格を考えると当然と思い直す。
 戦時中も、自分の心配より他人のことを先に思いやるような人間だった。ガンダム・パイロットの中で、もっとも平和で普通な生活を知っている。
 だからこそ、他人を思いやることが自然に出来た。デュオやヒイロを含め、彼らはその優しさにどれだけ救いを見たか・・・。
「ヒイロ、デュオの様子はどう?」
 カトルの小声での問いかけに、ヒイロはデュオの顔を見つめる。
 会う気があるのか、それを問う視線にデュオは何も反応しなかった。シーツの中に顔を隠し、ドアの方へは視線も向けない。
 だがヒイロは了承と取り、そんな状態のデュオを一瞥すると、カトルを手招きした。
「もう大丈夫だ。さっき目が覚めた」
「ほんと? 良かった」
 嬉しそうなカトルに、ヒイロは頷いてやる。デュオの思惑がどうであれ、とりあえず生きている事実を否定する気持ちはないのだ。
「デュオ・・、起きてるんでしょう?」
 カトルの問いに、デュオは無理やり笑みを作った。隠れる態度は翻そうとしないが、ぎこちないながら何とか笑顔を向ける。
「・・・・ごめんな、心配かけて・・・」
「いえ、でもどうして自殺なんか・・・。何かあったのなら、相談くらいしてくれれば・・・・っ」
 優しいカトルの言葉と頬に光る涙に、デュオは視線を逸らした。真っ直ぐに見られないのだ。
 デュオは今まで、カトルにだけは心配をかけまいとしてきた。戦っている時も、それは変わらない。
 ”他の人間はいい、でもカトルはダメだ” デュオの口癖になっていた言葉は、優しすぎて傷つくばかりのカトルを心配していたのだろう。
 ”他の3人は耐えられるけど、アイツは傷を癒せないから・・” そう言った自分が、今度はカトルを含めた仲間を悲しませていた。
 心配を掛けるのも、悲しまれるのも辛いのに・・・それでも生きているよりマシだと思える。デュオのそんな気持ちは、きっと本人以外には理解できないだろう。
 デュオ自身でさえ、説明できない感情なのだ。
 途中で泣き出したカトルは言葉を続けられなくなり、ただ涙を抑えるのに必死だった。そんなカトルとデュオを見ながら、ヒイロは目を細めて溜め息をついた。
 本人に生きる意志がなければ、周りがいくら心配して注意しても意味がない。
 生き残ろうとしない者を生かすのは、絶対に不可能だった。最終的に審判が下されるのは、生きる意志の有無によるのだ。
 ヒイロにもそれは痛いほどわかっていたが、理性と感情は相反するものだ。
 感情のままに生きるのは正しい筈なのに、それは酷く難しかった。ひとつ間違えば、ただの我侭になってしまう。
 人間は我侭な生き物だから、それでいいのかも知れないが。一応群れる習性のある種族である以上、ある程度の感情は押し殺すことも覚えなくてはならない。
 どこまでが許されて、どこからが許されないのか。深く考えても、1人では答えが出なかった。
 自分は生きていたい、そしてデュオにも生きていて欲しい―――できるなら、自分の隣で。
 生きていて欲しい・・・とそう願うのが、確かに自分なのだという現実に、ヒイロは戸惑っていた。
 正直、自分の感情だと認めたくない。いつから我侭になったのか、望んでも構わない願いなのか。
 答えも知らないのに、願いだけが膨らんでいく。
 今までなら、他人がどうしようと気にならなかった。自分の行動に支障が出なければ、それで良かったのだ。
 誰にも踏み込ませない!
 代わりに・・・誰にも踏み込まない事が不文律だった。それがどうしたのだろう。
 同じガンダム・パイロットだからか?!
 いや、違う。他の誰でも、俺はさほど気にしなかった筈だ。他の3人が自殺しても、それなりの事情を納得してしまえる。
 ただ”デュオだから”ダメなのだ。
 一緒に暮らそうと言われて承諾したのも、自殺したのを助けたのさえ、すべてデュオだから。
 ヒイロは自分の深層心理に、底知れぬ恐怖を感じていた。こんなに貪欲に、何かを求めた記憶などなかったから、怖い。
 求める?
 俺はデュオを求めているのだろうか・・・。
 わからない問いに、ヒイロは軽く頭を打ち振るって終止符を打った。
 いずれ答えは出るだろうから・・・。

                                         To Be Continued....



comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.