FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早23年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2019/07/02
 
かごの檻【24】
2019/06/28
 
かごの檻【23】
2019/06/24
 
かごの檻【22】
2019/04/25
 
かごの檻【21】
2019/04/23
 
かごの檻【20】
2019/04/04
 
かごの檻【19】
2019/03/07
 
かごの檻【18】
2019/02/23
 
かごの檻【17】
2019/01/29
 
かごの檻【16】
2019/01/16
 
かごの檻【15】
2019/01/12
 
かごの檻【14】
2019/01/01
 
年末年始【3】
2018/12/31
 
年末年始【2】
 
年末年始【1】
2018/12/30
 
かごの檻【13】
2018/12/24
 
2018クリスマス
 
かごの檻【12】
2018/12/23
 
かごの檻【11】
2018/12/03
 
かごの檻【10】
2018/11/30
 
かごの檻【9】
2018/08/24
 
愛執【36】完
2018/08/17
 
愛執【35】
2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2006.04.12

category: 【GW】短編&企画

青い薔薇のように 【2】

 オープンカーを車庫から出してくるデュオの姿に、ついため息をついてしまう。
 ・・・いつ、買い替えたんだ。そう聞きたい気持ち半分、楽しそうなのでいいかと思う自分がいた。"
「ほら、春だし」
 春=オープンカーという方程式はない筈だが、デュオは当然とばかり、ヒイロに助手席を勧める。運転は気づけば、デュオの担当になっていた。
 赤いボディは流線型で、確かにデュオの趣味にぴったりの派手な車だ。ふと気になって、ヒイロは首を傾げて問いかけた。
「これ、幾らくらいした?」
 TVで見たスポーツカーに似ている気がする。あまり興味がなかったので、しっかり見ていなかったが、かなり高額の車だったような・・・。
「ん? 確か12万ドルだったかな」
 さらっと金額を提示して、ヒイロの為にドアを開ける。いつもの癖で助手席に座りながら、頭の中を告げられた金額が走っていった。
 12万ドル?!
「デュオ・・いつも言っているが・・」
「贅沢だ、っての?いいじゃん、生活に困るわけじゃないし」
 195年頃にも思ったのだが、デュオの金銭感覚は少しおかしい。生活雑貨を買いに出れば、1セントでも安くと値切るくせに、ヒイロへのプレゼントや遊びに掛ける金額は桁違いなのだ。
 海へ行きたいと言った直後、クルーザーを購入しようとしたり・・・。そういえば、突然南国の島を買うとか言い出して反対した事もあった。
 今更なので、ため息ひとつで気持ちを切り替える。買ってしまったのだから、仕方ない。それに、確かに生活に困るほど使い込むわけでもないので、自分が慣れるのが一番いいのだろう。
 非常に贅沢な行為だと思うけど・・・。
 複雑そうなヒイロの表情をよそに、デュオはさっさと車を走らせる。オープンで走るには最高の天気だ。風は冷たくないし、日差しも暑くない。心地よい揺れに身を任せれば、悩みも消えていく気がした。
 流れる音楽が耳の隅を掠め、風に解けていく。ぼんやりと景色を眺めていたヒイロは、ふと覚えのある匂いに記憶を刺激された。
「・・・海?」
「そう、もうすぐ見える頃だ」
 デュオの言葉通り、すぐに海が目の前に広がる。海沿いに走る道路を快調にドライブし、デュオは無造作に車を停めた。駐車場でない場所だったが、道路が広くなっている部分なので、迷惑でもないだろう。
 普段ならデュオの行為を咎めるヒイロも、今日は目の前の海に意識を奪われていた。青い海は穏やかで、白い波を立てて揺れる。雲が薄く広がる間に、小さく丸く見えるのは太陽じゃなく、真昼の月だった。
 半透明の月は、蜃気楼みたいだ。
「キレイだろ?ヒイロにも見せてやりたいと思って」
 調べた、ひどく簡単そうに言う。美しい真昼の月を見せる為に、気候や条件を念入りに調べたのだろう。
「ありがとう」
 素直に言葉が口をついた。キレイだと感心する言葉より、見せてくれたデュオへの感謝が自然と浮かぶ。
「どういたしまして」
 ウィンクしたデュオが差し出した手を取り、一緒に砂浜に下りる。真夏と違い、砂はほんのり温かいだけで足を焼かない。靴を脱いで放り、2人は波の近くまで裸足で歩いた。
「ヒイロ」
 いつ聞いても、デュオの声は優しい。195年は気づけなかったけれど、言葉を操るのが得意なくせに、言葉で他人をやり込めたりしない。
 時と場合によるのだろうけど、彼はヒイロを傷つける言葉を使わなかった。他人を笑顔で冷たくあしらうのに、ヒイロを傷つけた事がない。
 足首まで濡らす、まだ冷たい波を見つめていた顔を上げれば、デュオが真剣な眼差しを向けてくる。
 どうした?問いかけを首を傾げる仕草で示したヒイロを、そっと抱き締めた。まだ冷たい海の感触と、暖かく心地よい腕の温もり――――相反する感覚の中で目を伏せる。
「オレさ、ヒイロに出会えて本当に幸せなんだ」
 突然の告白に、驚きはなかった。ただ、自分と同じに想ってくれている事実に、頷くことで答える。
「最初に会ったの、海だっただろう?だから、今日はどうしても海が見たかった」

 195年戦争の始まり、それが2人の出会い。記念すべき日は、最悪の戦争の口火を切った日でもある。お互いに195年のことを口にしなくなったのは、現実が追いついてきた頃だった。
 もう戦争はないのだと、殺される心配も殺す必要もなくなったのだと、信じられるようになった頃から、昔の話をしなくなった。
「そうだな、出会いは海だった」
 ぽつりと繰り返したヒイロは、意地悪な笑みを浮かべながら、腕の中でデュオを見上げる。
「お前が、最初にくれたプレゼントを覚えているか?」
 プレゼント・・・・?
「えっと、デスサイズの部品とか・・」
 正確には盗まれたの方が正しい表現だが、後で代金を請求しなかったのだから、プレゼントかなと考えたデュオのセリフを、ヒイロが遮った。
「違う。いきなり俺の腕と脚を撃ち抜いた銃弾」
「あ、あれはっ!」
「あれは?」
「・・・・その通りです」
 咄嗟に言い訳しようとして聞き返されたデュオは、口をぱくぱくさせた後、渋々認める。珍しく口でデュオに勝てたことに気を良くしたヒイロが、肩を震わせて笑い出した。
「ひでぇな、今更だろ」
 ちょっと不貞腐れた言い草に、膨らませている頬をキスで解いた。
ヒイロからのキスに、笑顔が戻る。
「確かに今更だな」
 笑い続けるヒイロの顎に手をかけ、目を閉じた恋人の唇を優しく奪った。しっとりと柔らかい感触は、何度でも、いつまでも触れていたい。
 濡れた足に砂がつく。戻った車内で、もう一度キスをすれば、潮風の味がした。


                         ●○●



 海沿いのレストランで、夕日を見ながら食事をオーダーする。海に面した側をすべて、ガラス張りにしているので、大きな太陽が水平線に沈む様がよく見えた。
 いつもながら、どうやって店を見つけてくるのか。不思議に思いながら、多大なデュオの努力は認めざるを得ない。ヒイロが気に入るかどうか、デュオの基準はその1点に限られているのだから。
 半分も沈んだ頃、頼んだコース料理が運ばれてくる。
白ワインのグラスで乾杯をして、机の上に置かれたキャンドルに火が灯される頃、デュオは恋人に気づかれないよう深呼吸した。
 ポケットの中には、小さな箱。
 まだ早い。
 魚が好きなヒイロにあわせ、今日のメイン料理は白身魚だった。さっぱりしたソースを絡めて口に運びながら、デュオの意識は小箱に向いている。
 そわそわしながら、ヒイロのグラスにワインを注ぐ。乾杯した後、“運転があるから“とデュオは自分のワイングラスを下げてしまった。
「デザートをお持ちしてよろしいですか?」
ボーイの確認へ鷹揚に頷いたデュオは、緊張した様子で視線をポケットへ向ける。
 運ばれたデザートと珈琲に、甘い物が大好きなヒイロの表情が綻んだ。可愛いと思いながら、恋人の意識が自分から逸れた一瞬に、ポケットから小箱を取り出す。
 手のひらにすっぽり収まるサイズの箱を、そっと机の上へ置いて、ヒイロの前へ押し出した。
「デュオ?」
 きょとんとした表情で箱を見つめるヒイロは、小箱に手を伸ばし、直前で首を傾げた。
 キレイなピンク色の包装紙に、金色のリボン、上に薔薇の蕾の花飾りが添えられている。
「開けてみて」
 言われるまま頷いて、箱を包む花飾りやリボンを外して、包装紙を解く。現れた白い箱を開ければ、中に黒いビロード調のケースが入っていた。
 桃に似たハートのようなケースの中に――――。
「指輪?!」
 銀色の指輪は蔦の様なラインが絡まっていて、中央に3mmほどのダイヤが輝いている。
「あの・・・」
 言い淀んだのは一瞬で、すぐに覚悟を決めた。ごくりと乾いた喉を鳴らし、ヒイロを正面から見つめる。
「オレはヒイロが好きだから、一緒にいたい。ずっと考えていたんだけど、中々言い出せなくて・・」
 緊張に指先が震えた。

「オレと結婚して欲しい」

 目を見開いたヒイロは、デュオと指輪を交互に見つめる。突然のプロポーズに驚いたのと、何より状況に思考が追いつかなかった。
 結婚?
 考えたことがない、と言えば嘘だ。
 宝石ケースを持ったままの右手を、じっと凝視した。輝いている指輪は、幻ではない。
「この指輪を受け取ってくれるか?」
 再度の促しに、ようやく渦巻いていた告白の意味が理解できた。
 悩むまでもない。
「ああ、結婚しよう」
 するりと口をついた承諾に、デュオの肩から目に見えて力が抜けた。安心したのだろう。
「よかったぁ・・・断られたらどうしよう、って。そればっか気になっちゃって、今日の料理の味も覚えてないぜ」
 いつも余裕たっぷりの恋人が安堵に崩れた姿を、ヒイロがくすくす笑い出す。一緒になって笑いながら、立ち上がったデュオはヒイロの右手から宝石ケースを掬い上げた。
 黒いケースの上で輝く指輪を手に取り、恭しく膝を折って跪く。
 椅子に座ったままのヒイロの左手を、下から支えて接吻け、そっと薬指に指輪を嵌めた。
「今日は、“永遠の愛を誓う日“なのだそうだが」
 聖バレンティヌスが世に送り出した恋人達が、彼の墓の前で永遠の愛を誓った日が、ホワイトデーの起源らしい。そう告げるヒイロの柔らかい声を聞きながら、デュオはそっと指輪の上に、再びキスを落とした。
「じゃ、オレ達にぴったりだな」
 向かいの席に戻ったデュオに笑みを向ける。ボーイを呼びつけた彼の元に、真っ白なドーム状のケーキと真っ青な薔薇の花束が届けられた。
「これ、プロポーズに成功したら渡そうと思って、用意したんだ」
 用意周到なデュオは、断られる心配をしなかったようだ。25本の青い薔薇の花束を差し出され、困惑しながら受け取った。
「本来、青い薔薇は自然界に存在しない。だから最初の花言葉は “不可能”だった」
 自然界の恩恵から取り残され、温室でしか育てられない青い薔薇は、庭に咲き誇る赤や黄色、白のバラと雰囲気が違う。
「でも、人間って足掻くだろ。それで作り出された青い薔薇の、新しい花言葉は “神の祝福”。意味深だから、この花を選んだ」
 ヒイロがプロポーズを断るなら “不可能”、未来は消えてしまう。しかし承諾してくれたら、まさしく “神の祝福”だ。
「ロマンチストだな」
 笑い出したヒイロの唇に掠めるキスをして、吐息が触れる距離で囁いた。
「知らなかったのか?じゃ、これからじっくり教えていくよ」
「そうだな、一生かけて付き合ってやる」
 自分を捕らえた地球色の蒼瞳が、静かに瞬く。
「付き合ってもらいましょう」
 くすくす笑い出した恋人達の時間は、白いケーキより甘いかも知れない。差し出されたケーキを口に運ぶヒイロの唇から、クリームをそっと掠め取った。

 青い薔薇は、2人の間で静かに芳香を放つ。
 甘い時間をさらに彩る、鮮やかな青と香りは2人を酔わせ、静かに花弁を落とした。

                                         END.




ついにプロポーズ・・・6/25発行の新婚本で、纏まるのかしら?

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.