FC2ブログ

二次創作を中心に活動する「miyabihime」のSS置き場。無断転載や複写・プリントアウトはご遠慮ください。

プロフィール

綾雅&秘姫

Author:綾雅&秘姫
GWに魅せられ、早23年!
2×1万歳!!

*更新履歴*

GW21 BSR503 etc 2019/07/02
 
かごの檻【24】
2019/06/28
 
かごの檻【23】
2019/06/24
 
かごの檻【22】
2019/04/25
 
かごの檻【21】
2019/04/23
 
かごの檻【20】
2019/04/04
 
かごの檻【19】
2019/03/07
 
かごの檻【18】
2019/02/23
 
かごの檻【17】
2019/01/29
 
かごの檻【16】
2019/01/16
 
かごの檻【15】
2019/01/12
 
かごの檻【14】
2019/01/01
 
年末年始【3】
2018/12/31
 
年末年始【2】
 
年末年始【1】
2018/12/30
 
かごの檻【13】
2018/12/24
 
2018クリスマス
 
かごの檻【12】
2018/12/23
 
かごの檻【11】
2018/12/03
 
かごの檻【10】
2018/11/30
 
かごの檻【9】
2018/08/24
 
愛執【36】完
2018/08/17
 
愛執【35】
2018/08/07
 
愛執【34】
2018/08/01
 
愛執【33】
2018/07/28
 
愛執【32】
2018/07/27
 
愛執【31】
2018/07/08
 
愛執【30】
2018/07/05
 
愛執【29】
2018/06/09
 
愛執【28】
2018/06/02
 
愛執【27】
2018/04/14
 
愛執【26】
2018/04/10
 
愛執【25】
2018/04/07
 
愛執【24】
2018/04/04
 
愛執【23】
2018/04/01
 
愛執【22】
2018/03/30
 
愛執【21】
2018/03/28
 
愛執【20】
2018/03/25
 
愛執【19】
2018/03/22
 
愛執【18】
2018/03/19
 
愛執【17】
2018/03/15
 
愛執【16】
2018/03/14
 
愛執【15】
2018/03/13
 
愛執【14】
2018/03/11
 
愛執【13】
2018/03/09
 
愛執【12】
2018/03/08
 
かごの檻【8】
2018/03/05
 
愛執【11】
2018/03/01
 
かごの檻【7】
2018/02/26
 
愛執【10】
2018/02/25
 
かごの檻【6】
2018/02/24
 
かごの檻【5】
2018/02/22
 
愛執【9】
2018/02/21
 
かごの檻【4】
2018/02/18
 
愛執【8】
2018/02/13
 
かごの檻【3】
2018/02/10
 
愛執【7】
2018/02/09
 
かごの檻【2】
2018/02/06
 
愛執【6】
2018/02/05
 
かごの檻【1】
2018/02/02
 
愛執【5】
2018/02/01
 
司祭堕天使【45】完結
 
司祭堕天使【44】
2018/01/31
 
司祭堕天使【43】
2018/01/30
 
愛執【4】
2018/01/28
 
司祭堕天使【42】
2018/01/21
 
愛執【3】
2018/01/16
 
司祭堕天使【41】
2018/01/10
 
愛執【2】
2018/01/07
 
司祭堕天使【40】
2018/01/06
 
愛執【1】
2018/01/05
 
司祭堕天使【39】
2018/01/01
 
2018新年SS
2017/12/31
 
2017年末SS
2017/12/30
 
司祭堕天使【38】
2017/12/29
 
司祭堕天使【37】
2017/12/27
 
司祭堕天使【36】
2017/12/24
 
2017クリスマス【2】
 
2017クリスマス【1】
2017/12/23
 
司祭堕天使【35】
2017/12/18
 
司祭堕天使【34】
2017/12/16
 
司祭堕天使【33】
2017/11/28
 
司祭堕天使【32】
2017/09/15
 
幻影【20】完
2017/08/30
 
幻影【19】
2017/08/25
 
幻影【18】
2017/08/21
 
幻影【17】
2017/08/07
 
幻影【16】
2017/08/05
 
幻影【15】
2017/08/02
 
幻影【14】
2017/08/01
 
幻影【13】
2017/06/16
 
司祭堕天使【31】
2017/06/06
 
幻影【12】
2017/05/27
 
幻影【11】
2017/05/20
 
司祭堕天使【30】
2017/05/11
 
幻影【10】
2017/05/07
 
司祭堕天使【29】
2017/05/05
 
司祭堕天使【28】
2017/05/04
 
幻影【9】
2017/04/30
 
幻影【8】
2017/04/20
 
司祭堕天使【27】
2017/04/03
 
幻影【7】
2017/03/12
 
司祭堕天使【26】
2017/03/10
 
幻影【6】
2017/03/04
 
幻影【5】
2017/02/23
 
司祭堕天使【25】
2017/02/17
 
幻影【4】
2017/02/12
 
司祭堕天使【24】
2017/02/11
 
幻影【3】
2017/02/10
 
司祭堕天使【23】
2017/02/04
 
幻影【2】
2017/02/02
 
司祭堕天使【22】
2017/02/01
 
幻影【1】
2017/01/29
 
司祭堕天使【21】
2017/01/26
 
司祭堕天使【20】
2017/01/25
 
司祭堕天使【19】
2017/01/24
 
司祭堕天使【18】
2017/01/23
 
司祭堕天使【17】
2017/01/18
 
司祭堕天使【16】
2017/01/15
 
司祭堕天使【15】
2017/01/12
 
司祭堕天使【14】
2017/01/10
 
司祭堕天使【13】
2017/01/08
 
司祭堕天使【12】
2017/01/06
 
司祭堕天使【11】
2017/01/05
 
司祭堕天使【10】
2017/01/01
 
新雪
2016/12/31
 
司祭堕天使【9】
 
捕獲
2016/12/30
 
災難
2016/12/26
 
篭城
2016/12/25
 
雪原
2016/12/22
 
司祭堕天使【8】
2016/12/13
 
司祭堕天使【7】
2016/12/11
 
司祭堕天使【6】
2016/12/06
 
お題【7-10】完結
2016/12/04
 
お題【7-9】
2016/11/30
 
お題【7-8】
2016/11/29
 
お題【7-7】
2016/11/27
 
お題【7-6】
2016/11/25
 
司祭堕天使【5】
2016/11/23
 
司祭堕天使【4】
2016/10/29
 
司祭堕天使【3】
2016/10/18
 
司祭堕天使【2】
2016/10/12
 
司祭堕天使【1】
2016/10/11
 
通販開始
2016/05/02
 
お題【7-5】
2016/04/19
 
お題【7-4】
2016/04/09
 
お題【7-3】
2016/04/08
 
お題【7-2】
2016/04/02
 
お題【7-1】
2016/03/20
 
バレンタインSS
2016/03/05
 
お題【10】
2016/03/04
 
神に2【5】
2016/01/25
 
神に2【4】
 
お題【9】
2016/01/01
 
お正月【1】
 
お正月【1】
2015/12/31
 
年末【1】~【6】
 
年末【1】
2015/12/24
 
クリスマス【1】
 
クリスマス【1】
2015/07/01
 
お題2【8】
2015/06/17
 
お題2【7】
2015/04/28
 
お題2【6】
2015/04/27
 
お題2【5】
2015/04/24
 
お題2【4】
2015/04/22
 
お題2【3】
2015/04/21
 
お題2【2】
2015/4/18
 
お題2【1】
2015/4/17
 
モノカキお題【80】完
2015/4/16
 
モノカキお題【79】
2015/4/15
 
モノカキお題【78】
2015/4/14
 
モノカキお題【77】
2015/04/02
 
【岩今】0402
2015/03/24
 
モノカキお題【76】
2015/03/22
 
とうらぶ【岩今】
2015/03/21
 
モノカキお題【75】
2015/03/20
 
モノカキお題【74】
2015/03/19
 
モノカキお題【73】
2015/03/18
 
モノカキお題【72】
2015/03/16
 
モノカキお題【71】
2015/03/09
 
小題【6-7】完
2015/03/08
 
小題【6-6】
2015/03/04
 
小題【6-5】
2015/03/02
 
小題【6-4】
2015/02/28
 
小題【6-3】
2015/02/27
 
小題【6-2】
2015/02/26
 
小題【6-1】
2015/02/24
 
小題【5-7】完
2015/02/23
 
小題【5-6】
2015/02/22
 
222の日SS
2015/02/21
 
221の日SS
2015/02/01
 
小題【5-5】
2015/01/24
 
≪2015正月≫
 ついったSS
2014/12/31
 
≪2014年末≫
2014/12/25
 
≪2014クリスマス≫
2014/12/04
 
小題【5-4】
2014/09/29
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/09/23
 
9/21新刊通販開始
2014/09/19
 
9/21新刊情報UP
2014/07/31
 
小題【5-3】
2014/07/27
 
小題【5-2】
2014/07/24
 小題【5-1】
2014/07/22
 
ついったSS
2014/06/22
 
小題【4-4】
2014/06/20
 >小題【4-3】
2014/06/19
 
小題【4-2】
 
ついったSS
2014/06/18
 >小題【4-1】
2014/06/17
 
モノカキお題【90】
2014/06/16
 >ついったSS
2014/05/26
 
ついったSS
 
ついったSS
2014/05/21
 >ついったSS-2
2014/05/18
 
ついったSS
2014/03/19
 エラー修正
2014/03/06
 モノカキお題【89】
2014/03/05
 サイトデザイン変更
 スマホ対応ページ
 旧携帯ページ廃止
2014/01/01
 >年始SS
 >年始SS
2013/04/16
 >モノカキお題【88】
2013/02/12
 >神に2【3】
2013/02/08
 >モノカキお題【87】
2013/01/02
 
年始SS
 
年始SS
2012/12/31
 年末SS
 年末SS
2012/12/25
 
X'mas企画
 
X'mas企画
2012/12/01
 
モノカキお題【86】
2012/08/19
 モノカキお題【85】
2012/07/23
 モノカキお題【84】
2012/06/20
 
モノカキお題【83】
2012/06/14
 
モノカキお題【82】
2012/06/09
 
モノカキお題【81】
 
61000【2】
2012/06/08
 
61000【1】
2012/05/03
 
春雨
2012/04/12
 サイト内URL一部変更
 裏pass統合、変更
2012/04/04
 
ヴィーナス【6】
2012/04/03
 
幸せ家族計画
2012/03/22
 
白の記憶【10】
2012/03/15
 
白の記憶【9】
2012/03/11
 
白の記憶【8】
2012/03/09
 
白の記憶【7】
2012/03/04
 
白の記憶【6】
 
桃の節句
2012/02/23
 
白の記憶【5】
2012/02/22
 
猫の日
 
猫の日
2012/02/17
 
白の記憶【4】
2012/02/14
 
早めの桜
 
ちよこれいと
2012/02/13
 
白の記憶【3】
2012/02/12
 
白の記憶【2】
 
海の向こう
2012/02/11
 
手錠【3】
 
白の記憶【1】
2012/02/08
 
神に2【2】
2012/02/05
 *お知らせ
 
90000GET申告受付
2012/01/24
 
手錠【2】
 
ヴィーナス【5】
2012/01/23
 
手錠【1】
2012/01/20
 
神に2【1】
2012/01/03
 
2010-2011年末年始
 2010-2011年末年始
 2009-2010年末年始
2012/01/01(11時UP)
 
新年SS
 
新年SS

~ 2009/09/04
 *日記の引越し

2009/09/02
 *モノかき100題【62】

2009/08/31
 *SNSスタート! 2009/08/30
 *モノかき100題【61】
 *リニューアル一段落

2009/08/26
 *リニューアル開始
 *SS凍結解除
 *SSブログリンク解除
2009/08/21
 *49210GET【20】完結
 *49210GET【19】

2009/08/20
 *49210GET【18】

2009/08/19
 *49210GET【17】

2009/08/18
 *49210GET【16】

2009/08/15
 *49210GET【15】

2009/08/14
 *49210GET【14】

2009/08/13
 *49210GET【13】

2009/08/11
 *49210GET【12】

2009/08/09
 *49210GET【11】

2009/08/08
 *49210GET【10】

2009/08/07
 *49210GET【9】

2009/08/06
 *49210GET【8】

2009/08/05
 *49210GET【7】

2009/08/04
 *49210GET【6】

2009/08/03
 *49210GET【5】

2009/08/02
 *49210GET【4】
 *49210GET【3】

2009/08/01
 *49210GET【2】

2009/07/31
 *49210GET【1】

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

2006.04.11

category: 【GW】短編&企画

Happy Merry X'mas!

si-xmas5.jpg
wt.jpg


★☆★

 街中が浮かれる季節。
クリスマスのイルミネーションを目前に、ヒイロは隣を歩く男を見上げた。
10年前に出会った頃は、大して変わらなかった身長も、今では15センチの差がある。トレードマークの三つ編みを揺らし、柔らかい笑みを浮かべて首を傾げていた。"
「どうした? ヒイロ」
 他人には真似できないイントネーションで名を呼び、少し屈んで視線を合わせてくる。
「なんでもない」
 俯いて、組んだ腕に少し力を込めた。
ふっと笑った気配がして、前髪をかき上げる指が触れる。自分より冷たい指の感触に、びくっと肩を揺らした。
 チュッ。
 音を立てて額に接吻け、デュオはヒイロの体を抱き締める。人通りの多い歩道の真ん中で、他人の迷惑など考えてもいないのだろう。
 いきなり立ち止まって抱き合っている2人に文句を言う人間もなく、苦笑したり、肩を竦めて避けていく。
クリスマスという特殊なシーズン故に、どうやら許されているようだった。いちゃつくカップルなど珍しくないのだ。
「今年も無事に、クリスマスを迎えられるな」
 ぽつりと呟かれた言葉に、デュオも同じことを考えていたのだと知って、ヒイロはほっと息をついた。
 10年前のクリスマス―――――オペレーション・メテオから始まった戦争の終結記念日。
毎年、さまざまな小競り合いは起きるが、大きな戦争もなく、平和な日常が過ぎていく。
 ひとつの殺人事件が、いつまでも放送されている。それが平和なのだと、何人の人間が自覚しているのか。
 戦争が始まれば、人が死ぬのが必然だった。何人死んでも、誰も気に留めない。自分が生きるのが大切で、それ以外の事は無視される。
 放送は制御され、何百人虐殺されようと取材すらされなかった。
 あの頃に比べれば、今はなんと平和なのか。
 キラキラと視界を埋め尽くすイルミネーションを見つめ、デュオはゆっくりとヒイロを腕から開放した。
「さ、買い物して帰ろうぜ。雪が降りそうだ」
 ウィンクして空を示すから、言われるままに見上げてみる。曇った空は泣き出しそうで、吐き出した息が白く凍った。
「ヒイロ♪」
 呼ばれて振り向く前に、今度は唇にキスを受ける。咄嗟に目を閉じたヒイロは、フレンチキスが終わると、失笑した。
「どうしたの?」
 甘い声で尋ねる恋人の胸に、こつんと頭を預けて寄りかかる。
「いや、幸せだと思っただけだ」
 人前でキスするなど、昔は恥ずかしくて出来なかった。嬉しいと感じても、素直に表現できない自分がいた。
 感情が大切だと知っているのに、自分が実行できない。
 いつからだろう?
 気づけば、自然にキスを受け入れて、笑顔を向けるようになっていた。
 にこにことご機嫌の恋人から少し視線を逸らせば、周囲の女性の注目が彼に向かっていることに気づく。ムッとするより、誇らしさが先に立った。
「デュオ・・」
 コートの左袖を軽く引けば、デュオはヒイロの視線の先を追って・・・意味がわかったのか苦笑する。
「気になる?」
「いや、平気だ」
 お前の心は俺に向いているからな。
 言葉少なく、しかし眼差しで続きを伝えれば、デュオは耳元に唇を寄せた。
「そう? オレは嫉妬して欲しいな。だって、あそこの連中は、ヒイロに夢中なんだぜ?」
 暖かい息が擽ったくて、ヒイロが首を竦めた。言われた場所を見れば、離れた場所から自分達を見つめる集団に気づく。
 見せ付けるように抱き寄せられ、そのまま歩き出したデュオに歩調を合わせた。
 相変わらず黒い服を好むデュオのコートは、やはり黒で・・・フカフカした毛皮が気持ちいい。拘束する腕が、思いのほか心地よいと知ったのは、いつだろう?
 最初は拘束されるなど、考えるだけでも嫌だったのに、相手によっては心地よさに変わると知り、自分が異常なのかと悩んだ事を思い出す。
「じゃ、ヒイロ。食料品は手配してあるから、あとは・・・プレゼントだけ?」
 コクンと頷いたヒイロの黒髪に、白い飾りが落ちてきた。
 雪だ。
「デュオ、雪だ」
 先に告げられ、ヒイロが見上げる空を同じように見上げた。薄暗いグレーの雲から、ふわりふわりと柔らかい動きで降ってくる。
「ホワイトクリスマスになるな」
 にっこりと笑顔で覗き込めば、ヒイロのはにかんだ笑みが返った。嬉しさにぎゅっと抱き寄せ、近くのデパートに入る。
 クリスマスソングが鳴り響く店内は、赤と緑が氾濫していた。店内中央の吹き抜け部分に飾られた、大きなクリスマスツリーの前まで来ると、デュオは近くのベンチにヒイロを座らせる。
 当然、隣に陣取ると、ヒイロの肩に自分の頭を寄りかからせた。
 甘える猫のような仕草に、ヒイロが笑いながら手を伸ばす。三つ編みの先を掴んで、同じように首を傾げて、ツリーを見上げた。
 キラキラと光を放つイルミネーションは、沢山の人の足を止める。家族連れやカップル、会社帰りの人まで、一様にツリーを見上げた。
「オレさ。ヒイロと10年一緒にいられて、本当に幸せ♪ もちろん、これからも離れたりしないけど」
 呟かれた声に、泣きたくなる。幸せという言葉を実感するのは、デュオと出会ってから覚えた事のひとつ。
「プレゼントとワインだけ買って、帰ろう」
 ヒイロの提案に、デュオは笑いながら首を横に振った。
「ワインだけでいいよ、オレはヒイロがいればそれで十分!」
 言外にプレゼントは必要ないと告げる恋人に、ヒイロは少し考え込む。
 クリスマスだからといって、プレゼントを用意する必要はない。いつだって、プレゼントしたい時に、突然プレゼントをするのは、2人の間の習慣だった。
 一緒に過ごせなかった15歳までを取り返すみたいに、ちょっとした記念日や行事でも、2人で工夫して楽しんでいる。
 プレゼントは、なくていい。一緒にいるだけで満足なのは、ヒイロも同じだった。
「そうだな、ワインだけにする」
「じゃ、ロゼでいい?」
 相談しながら立ち上がり、名残惜しそうにツリーを見上げるヒイロに、デュオがそっと接吻ける。
 クリスマスツリーに意識を奪われていた、ヒイロは驚いて見開いた目を、ゆっくりと閉じた。唇に感じる優しいデュオの想いを受け取り、彼の腰に手を回す。
 羨ましそうに見つめている周囲のザワメキをよそに、デュオはヒイロを促して歩き出した。
すでに手配が済んでいるケーキや、オードブルの前を通り過ぎ、近くの催事場に陳列された、沢山のワインに手を伸ばす。
「ロゼなら、この辺が飲みやすいかなぁ?」
 疑問符をヒイロに投げかけながら、何種類か手にとってラベルを確認していく。駆け寄った店員から説明を聞くと、おもむろに3本を選び出した。
「ヒイロは、少し甘いほうがいいんだろ」
「デュオに任せる」
 唇を尖らせて不満を表明するデュオに、ぷっと吹き出したヒイロは笑いながら、3本の中の1本を指差した。
「そんな顔をするな。これがいい。以前に飲んだ時、美味しかった」
 まだ笑っているヒイロが選んだのは、スパークリングワインだった。
クリスマスというシーズンの影響だろうか。ワインの半分はスパークリングで、シャンパンも数種類用意されている。
 スパークリングワインは、もともとシャンパンと同じ物だ。シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインだけを「シャンパン」と呼ぶことが許されている。ミニ知識を披露しながら、店員が奥から天使のボトルに詰められたシャンパンを持ち出した。
「今年のクリスマス用に作られた、特別なシャンパンでございます。いかがですか?」
 とんでもない値段の値札に、ヒイロがきょとんとしていると、デュオはさきほど選んだロゼのスパークリングと一緒に包むように頼んでいる。
 当然とばかり、カードで一括払いをするデュオの金銭感覚の鈍さに、ヒイロは失笑した。
 同年代の青年たちには、年収に近い金額でもデュオは一晩で使い切ってしまう。お金に困った覚えはないし、確かに高給取りかも知れないが・・・・楽しむことやヒイロに関することになると、どうやら歯止めが利かないようだ。
 子供に似ている。お小遣いを貰うと、一度に全部使い切ってしまう・・子供。
 生活に困るほど使い込む訳でもないので、ヒイロは失笑したまま、荷物を受け取るデュオの三つ編みを掴んだ。

 デュオの手が塞がってしまった時、ヒイロは決まって同じ行動を起こす。いまだに長い三つ編みを切らない、一番の理由だった。
 些細なヒイロの行動に、自分へ向いている気持ちを感じ取り、デュオは頬を綻ばせる。
 195年頃のぎくしゃくした雰囲気が嘘のようだ。あの頃は、互いの気配を同じ家の中で感じるたびに、身構えてしまった。癖ともいえるエージェントの習性も、10年経てば、互いの存在が空気と同じになる。
 身構える必要なく、相手が触れた瞬間に心地よさしか感じなくなっていた。
「じゃ、帰って準備しようぜ」
 ウィンク付きで告げられた言葉に、頷いたヒイロの指は、まだ三つ編みを掴んだままだった。






★☆★


 自宅のクリスマスツリーを飾り終え、届いた食材を次々とテーブルにセットしていく。10回目にもなれば、慣れてしまう。
 ケーキに蝋燭を立て、ツリーの電飾のスイッチを入れる。チカチカ瞬く電飾と蝋燭の火を頼りに、部屋の電気を消した。
 ぼんやりと明るい間接照明の中で、デュオはヒイロに蝋燭の火を消すように促す。誕生日で行ったこの行為が気に入ったヒイロは、ケーキと蝋燭が揃うと必ず、蝋燭の火を吹き消したがった。
 子供みたいで可愛い♪
 というより、ヒイロの行為はすべて可愛いと思っているデュオにしてみれば、拒否する理由などない。
「ほら、ヒイロ」
 ふっと吹き消されて暗くなれば、デュオは当然とばかりにヒイロの唇にキスを贈る。ケーキ越しのキスを終えれば、リモコンで照明をつけた。
「ケーキの前に、食事しちゃおうな?」
「・・わかってる」
 甘いものが大好きなヒイロの視線がケーキに向かっているのを承知で、デュオはワインのボトルに手をかける。
 このまま好きにさせてしまったのは、去年のクリスマス。ヒイロはケーキと紅茶以外口にしなくて、結局食事は余ってしまった。
 翌日、ケーキの食べ過ぎでぐったりしていたヒイロを覚えているから、食事を優先する。
 ぽんっ!
 軽い音で開けられたスパークリングワインの栓が放物線を描き、細長いグラスにワインが注がれていく。 ロゼの明るい赤が、光を弾いてきらきら輝いた。
「じゃ、乾杯」
「乾杯」
 軽くグラスの先を触れさせて、二人のクリスマスが始まる。
 なんでもない日常が幸せで、こうして特別な夜を一緒に過ごせるのも嬉しくて・・・・ただ幸せ過ぎて怖くなる。
 それでも、2人で一緒に夜を過ごせば、不安など消えてしまうから。


 アルコールでほのかに赤くなったヒイロの頬に接吻けて、デュオは自分の肩に頭を預けてまどろむ恋人を抱き上げた。
「ん?」
「ベッド行こうぜ。眠いんだろ?」
 優しく声をかければ、半分眠った意識のまま頷く恋人。可愛くて、このまま食べちゃいたいけど、ここは我慢。
 しかし―――。
 ベッドにおろしたヒイロは、デュオの三つ編みの先を握ったまま、離してくれそうにない。まだ片付けていないリビングを思い浮かべて、軽く肩を竦めた。
 明日でも、いいか。
 隣に滑り込めば、ヒイロが火照った体で抱きついてくる。咄嗟に抱きしめ返せば、唇にヒイロの柔らかい唇が押し当てられた。
 ついつい、舌を絡める熱く激しいキスになる。
「プレゼントだ」
 そう言って胸に顔を埋められ、“してやられた“デュオは、くすくす笑い出した。
「じゃ、3倍返ししなくちゃな」


 幸せな夜。
 聖なる夜。
 誰にも邪魔されない幸せに、
      ハッピー・クリスマス!

                                         END.





2005年12月29日に冬コミで無料配布した小説です。

Copyright ©W2×1 【MiyabihimeA】. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.